血税でつくられたトヨタ空港

 中部国際空港会社は三代つづけてトヨタ系列の社員が、社長に座っている。その中部国際空港が09年3月の赤字を受け、トヨタグループの空港貨物を8割まで高める計画を発表した。

 黒字化に邁進する社長のトップセールスが実った形のようにもみえるが、よく考えてみればおかしい。8割もの貨物を扱うなど、すでにトヨタの物流センターである。
 もともと需要があるかもあやしい新空港を国費と県費を使ってつくりあげ、それをトヨタが支配。中部国際空港をトヨタの海外出張と海外輸出の拠点とするなど、税金で「トヨタ空港」をつくったようなものだ。一企業のために血税が大量に投入されるなど許されない。 

 富士山静岡空港も開通したが赤字が見込まれている。赤字転落するほど需要のない空港がどうして日本中につくられるのかといえば、巨大な土木工事の利権が絡んでいることはまちがいない。
 しかし、もう1つの大きな理由は戦争に使いやすいからだ。物資運搬や緊急着陸にも便利で、米国の圧力もかなり強かった。旅行客の需要はそんなに増えていないなのに、空港だけがめったやたらに作られているのは、きな臭い。そんなきな臭さも自社の業績のために利用するところがトヨタ的だ。 

 その一方で、トヨタの余裕はますます奪われてきている。ハイブリッドカーの代表格であるプリウスについて、トヨタは新型発売にともない旧型となるプリウスを40万円以上も値下げし、189万円で販売することを決定した。ホンダのハイブリッドカー「インサイト」と同価格にするためだ。
 またメディア向けの新型プリウス発表会では、ホンダの「インサイト」(注1)のエンジンシステムを揶揄(やゆ)する寸劇まで披露。さらにプリウスのカタログにも露骨な比較広告を入れたと『週刊ダイヤモンド』が報じている。

 トヨタにとってプリウスは利益回復の切り札といえる。だからこそ安値で挑戦してきたホンダにたいして、トヨタは並々ならぬ敵意を燃やしたのだろう。これまで同業他社にこそ牙をむかなかったが、もともとトヨタは自社の労働者や系列、下請けにはことのほか「好戦的な」企業である。気に入らなければ、完膚無きまでに追いつめるのはお家芸ともいえる。
 豊田家への大政奉還(注2)も済み、是が非でも売上げを確保したいトヨタは、今後もさまざまな牙をむきつづけるはずだ。それこそがトヨタの本質だが、この企業の犠牲者がこれ以上ふえないよう監視する必要はある。
「鎌田慧の現代を斬る」2009年6月

注1:インサイト…ホンダの最初のハイブリッドカー。人気は高くなかった。しかし、2013年に売り出されたフィット・ハイブリッドは月間売上一位をこの数ヶ月間記録し、トヨタ車を越える人気を獲得している。
注2:豊田家への大政奉還…2009年6月、創業者豊田佐吉直系の曾孫章男が11代目社長に就任した。就任後約半年で800万台がリコールになるなど、新体制はきびしい船出となった。
写真=名古屋セントレア空港,PHOTO taken by Chris73, Wikimedia Commons
関連記事

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。