橋本勝の風刺マンガ「100000年後の地球に、ダレが責任をとるのか!? 」

100000年後

「脱原発」にとっては意外なところから
強力な援軍があらわれた
あの小泉元首相が、日本は原発ゼロにするべき、
安倍首相が決断すればいいのだと言い放ったのだ

政治的嗅覚の鋭い彼のことだ
国民の脱原発への思いが強いのを感じての
人気とりのパフォーマンスとも思えたが
彼が脱原発にいたった大きな理由のひとつとして
使用済み核燃料の処分の問題の解決が不可能だということをあげた
フィンランドでその核のゴミ(高レベル放射性廃棄物)の
最終処分場としようとしているオンカロを視察した際、
核のゴミが無害化するまで10万年間、
そこで管理、保存しなければならないというのを知り
人類と原発は共存できないと思い知らされたからという
小泉元首相の原発ゼロへ!の主張は本気だと納得した。

そう、10万年という膨大な時間、
人間が管理するなんて悪い冗談としか思えない
それはこの広大な宇宙の中での貴重な命の星、
地球を勝手に利用していいのだとする
人間のなんという傲慢さ!愚かさよ!
やっぱり脱原発しかないのだ。
関連記事

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。