ギリギリ日誌 10月11日(金)晴れ


 東電の非人間性

 猛残暑が続いていて、疲れが出ています。みなさん、お元気ですか。

 さて、今日の朝日新聞の第2社会面(35p)に 「東電、賠償書類227人分廃棄」の記事。
 驚くべき記事だ。いかに東電が賠償を鬱陶しく考えているか。粗末に考えているか、の証明なのですが、たった13行。

 第1社会面(37p)は、ほぼ5分の4のスペースを使って、三鷹ストーカーの記事。
 社会面が18歳の女性タレントが21歳のストーカーに殺害された記事で占められているのです。ストーカーからの防御は大事な警察の任務とはいえ、週刊誌のむこうを張って、こんな大記事にするのは、 大衆迎合の売らんかな根性そのもの。  

 残りの一本は、JR九州のの豪華寝台列車のチョーチン記事。一人56万6千円もする客室の宣伝記事(朝日の社員しか乗られない)で、写真が三枚も使われています。なにを間違えているんですか。 朝日社会部は。

 もう一本は、俳優の犬が住民に噛みついて、 賠償金1725万円の判決記事。
 古来、「犬が人間を咬んでも記事にならない。 人間が犬を咬めば記事になる」といわれてきた。 俳優の犬だから、お犬様が記事になったんでしょうが、まるで「朝日芸能新聞」あるいは「朝日犬の友新聞」ですね。

 驚いて「東京新聞」のページを繰ると、さすが、社会面サブトップ4段凸版見出し。
 飯館村被災者住民227人の名前、住所、登記簿などの写しを「誤廃棄」と記事。避難先にいる住民にしてみれば、 自分と故郷をまた捨てられた無念の思いのはずだ。
 本人たちのコメントがほしかった。

 東電よ、被災者を馬鹿にするな。
 社長は一人一人に謝れ!
 どこまで、被災者を馬鹿にするんですか。


写真=福島第一原発事故、2011年3月16日(Digital glove, Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 Unported license)
関連記事

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。