「1013原発ゼロ☆統一行動」の合同記者会見

 10月7日、衆議院第一議員会館において、さようなら原発1000万人アクション、首都圏反原発連合(反原連)、原発をなくす全国連絡会の三者が共同で取り組む「10.13原発ゼロ☆統一行動」の共同記者会見が開催されました。

 今年6月2日の同時アクション「6.2NO NUKES DAY」に続いて2回目となるものです。
 記者会見で、反原連のミサオ・レッドウルフさんは「現在の政権の原発推進姿勢に対して、反原発の声を可視化していく、反原発の声は続いていることを、広く国民に知らせていきたい」と今回の共同行動の意義が述べました。
 さようなら原発1000万人アクションの藤本泰成さんは、「福島原発は収束していないし、原子炉にも近づけない、汚染水も管理できない、この状況を国民はみんな見ている。多数の人の思いは脱原発で、この方向は変わらない」と述べたうえで、「それぞれの団体が、それぞれの場で、運動をしながら、時として一緒に行動することは大切なこと」と声を上げ続ける重要性を訴えました。
 また、原発をなくす全国連絡会の長瀬文雄さんは、全国で様々な集会や行動が取り組まれていることを紹介し「3・11以降、反原発は人間の命の問題。命を守るという一致点で共闘できる」と、さらに全国に運動が広げていくことを呼びかけました。


1013原発ゼロ統一行動


10.13 No Nukes Day 原発ゼロ☆統一行動
  -福島を忘れるな・再稼働を許すな-

日時:10月13日(日) 開場12:00 開会13:00
場所:日比谷公会堂(地下鉄「霞ヶ関駅」「日比谷駅」3分)※定員2000人・先着順
会場代:500円
内容:13:00~14:00集会
12:00 開場
13:00 開会 
      司会 中尾こずえさん(さようなら原発1000万人アクション)
      主催者から 首都圏反原発連合から
        篠原義仁さん(原発をなくす全国連絡会から/自由法曹団団長)
      報告① 和田央子さん(福島から/鮫川村焼却炉問題連絡会)
      報告② 肥田舜太郎さん(医師)
      報告③ 大江健三郎さん(作家)
      閉会あいさつ 鎌田慧さん(ルポライター)
14:20~デモ

共催:さようなら原発1000万人アクション/首都圏反原発連合/原発をなくす全国連絡会
協力:脱原発世界会議/経産省前テントひろば/再稼働阻止全国ネットワーク


    17:00~19:00 国会前大集会(主催:首都圏反原発連合)
関連記事

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。