教育雑感 「やってはいけないこと」

 (2006年)1月下旬の新聞記事で知ったことだが、日本学生野球協会は、高知県の私立M高校(記事は実名)にたいして科していた「対外試合禁止処分」を、それまで六ヶ月間だったのを、さらに一ヶ月延期することにしたという。  
 この高校では、野球部員の喫煙と部内暴力が表沙汰になって、「対外試合禁止」の処分ばかりか、「甲子園出場辞退」との悲運になっていた。可哀想とはいえ、それもルールだからしょうがない。  

 今回の一ヶ月追加処分は、昨年11月、同校が韓国へ修学旅行をしたときに、野球部員5人が、宿泊していた韓国のホテルの売店から、ブレスレットなどを万引きしていたことが発覚したからである。
 部員ばかりではなく、ほかの生徒4人も、おなじように万引きしていた、という。店員が気づいて、ほかの野球部員に注意し、商品はすべて回収した、というからまだよかった、といえる。 
 「すみやかに商品を返したから、情伏酌量の余地はある」として、一ヶ月だけの追加処分ですんだようだが、わたしは、もっと処分を厳しくしろ、とはいわないが、この行為のほうが「喫煙」や「部内暴力」事件以上に、道義的に許されない行為だと思う。 

 この万引き事件について、つぎのように考えることができる。 
① 万引きは、窃盗行為で、れっきとした犯罪行為である。 
② 日本よりも、まだ経済的に貧しい国のひとたちのものを盗むのは、日本での万引きよりもなお罪が深い。 
③ まして、韓国は、戦前の日本が植民地にした国であり、大量に人びとを殺し、財産を奪った国であって、いままたその子孫が泥棒をはたらくなど、なかなか許されがたいことである。 
④ 万引き行為にいたる心理のうちに、韓国民をあなどる差別意識はなかったかどうか。 

 新聞を読んで、わたしは、そのように考えたのだが、ことは「対外試合の禁止」などですむ問題ではないはずだ。 
 わたしがいいたいのは、そのひとりひとりの生徒を処分しろ、というのではない。まず、問いたいのは、その高校の教員たちは、修学旅行につれていくまえに、韓国と日本の関係について、どのような教育をしたのか、ということである。 

安重根義士記念館
 ソウル市の南山公園にある安重根義士記念館

 戦前の日本が犯した罪を詳しく教えたのかどうか。あるいは、その見学コースに、日本の罪状を残した施設が、どれだけはいっていたのか。 
 たとえば、伊藤博文を射殺した安重根の記念館や三・一解放運動の記念碑のあるポゴダ公園などへいったのかどうか。それは韓国人民がなぜ、日本の政治家や日本の軍隊に抵抗したのか、考えさせることでもある。
 それらの教育が、キチンとしてあったなら、韓国の民衆から、また昔のようにものを奪おうなどと思えないはずだ。 

 教育とは、おなじ過ちを繰り返さないためにある。ところが、小泉首相(当時)などは、靖国参拝に文句をつけるのは、韓国と中国くらいだ、と開き直り、悪いのはあっちだ、と責任を転嫁している。
 高校生の事件の背景に、最近の日本の排外主義が反映していなければいいのだが。

『やさしさの共和国』花伝社、2006年9月
関連記事

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。