最近の新聞記事から 「維新本拠地で敗れ、風絶える」

昨日の東京新聞の「こちら特報部」は、「堺市長選敗北 橋下維新を追う」の見出しで、二面にわたって特集を組んだが、野党連携による極右化の懸念、従軍慰安婦問題の発言がもつ政治家としての不適格性などには踏み込んでいなかった。また、大阪都構想自体のかかえる問題点などにも触れることなく、橋下共同代表や周囲の敗北後の反応について記すにとどまるものだったが、橋下氏とかかわりのあった3人の論者による「あの人はこう見る」は、それぞれ個性があり、辛辣で、短いながらも読みごたえのあるものだった。(編集部)

「あの人はこう見る」

橋下大阪市長 「維新ブームの終わりの始まり」と分析するのは北海道大学の山口二郎教授(政治学)だ。
 「大阪都構想といったって、中身が詰まっていない。たるんだ公務員をたたくなどの人気取りを繰り返し、自転車操業してきたがとうとうネタ切れ。飽きられたんでしょう」 
 橋下氏が大阪維新の会を結成した目的は大阪都構想の実現だった。だが、大阪府知事、大阪市長としての実績はほとんどないという。
 「校長や区長に民間人登用をしたところで何の成果も残せずに、顰蹙(ひんしゅく)だけを買ってしまった。ようやく市民も『とんでもない政治家だ』と気付いてくれた。当分、大きな選挙はなく、パフォーマンスの舞台はない。ショーマンとしては有能だが、これからは騒げば、騒ぐほど相手にされなくなる。橋下氏はもう限界」 

 独裁的な政治手法からファシズムとかけて「ハシズム」と批判されても、耳を貸さず独自路線。
 精神科医の香山リカ氏は「批判されると、ヒステリックに口汚くののしるのは、リーダーとして不適格。かといって今回の選挙を受け、人の意見を聞くようになると、これまでの支持者は離れる。大きな岐路」と指摘した。 

 神戸女学院大の内田樹名誉教授(フランス現代思想)は「没落は予想通り。『何かやるかもしれない』という、ふわっとした期待感で選挙に勝った実績はあるが、政治家としては何もしてない。何も作らず、破壊しただけ」と酷評した上で、こう皮肉った。 
 「都構想に多大な労力と時間をかけたが、それが水泡に帰すことになる。幻想はやはり幻想でしかなかったことを、橋下氏は私たちに教えてくれた。それが維新から得られるただ一つの教訓」


関連記事

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。