本音のコラム 2013/10/1


ニッポン無責任時代

 どんな事故を起こしても、だれも責任を取らない、というのでは社会正義に反する。事故防止に努めるのが、社長の責任ではないか。 

 神戸地裁は107人を死亡させたJR西日本の尼崎脱線事故で、歴代社長の責任を認めず、無罪判決を言い渡した。 
 この事故は、JR北海道の実態にあらわれているように、国鉄の分割・民営化によって株式会社になったJR各社が、もうけ確保のために、安全コスト削減競争に走った結果で、とりわけ、JR西日本での運転士への締めつけが厳しかった。 

 世間の常識とは異なり、これほど筆舌に尽くしがたい事故を起こした東電も、歴代社長は一切責任をとっていない。それで福島住民をはじめとする1万4716人が業務上過失致死、業務上過失傷害の疑いで福島地検に告訴・告発した。 
 ところが、福島地検は自分では判断せず、東京地検に丸投げし、東京地検は五輪騒ぎのどさくさまぎれに不起訴とした。これまた、著しく正義に反する。

 古くは1963年の三井炭鉱爆発事故(死者458人)、チッソの水俣病、これから被ばくの影響が現れそうな東電の福島原発事故。全部無罪なのか。 
 放射能汚染水さえコントロールもブロックもできないクセに、平然と原発の再稼働と輸出を謀る首相。
 日本無責任時代の責任はだれにあるのだろうか。
(東京新聞朝刊、10月1日)
関連記事

コメント


トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

2013年11月25日(月) 01時21分 |

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。