読者からのコメント 11/23 秘密保護法。小泉発言etc.

シジフォスさま
「すでに秘密保護法下にあるようなNHKと公務員労組」

昨日の秘密保護法反対集会には参加したかったが、足の不調で断念。しかし、やっと大きな関心が生まれてきたし、メディアの前線にいる記者やデスクの姿勢も変わってきた。bigliobeのニュース画面でも、時事の「『情報隠し』反対1万人=秘密保護法案『希代の悪法』;撤回求め集会・東京」をとりあげ、見出しから雰囲気が違う。
なお讀賣のwebには朝5時段階で報道自体が見当たらない(産経はあった)。
また、維新やみんなの「修正」(?)でさらに悪法となっていることを、東京新聞はきちんと指摘している。ちなみに時事の………
http://53317837.at.webry.info/201311/article_20.html


衣笠書林@猫の生活が第一さま
「原発は無限に被曝者を生む」

東電が事実をもみ消し、メディアから司法まですべて被害者の訴えを否認し隠蔽する。明治以来ずっとこの支配集団の共謀の構造が。
秘密保護法は支配集団の権力悪を内部告発する人が出て来るのをを防ぐのが目的。
権力悪の構造を民衆が共有することが大切だと思います。


drt さま

今回の小泉「原発ゼロ」発言はかなりマトモな内容で、発言内容だけで言えば、 原発反対派から見ても文句を付ける個所が殆ど見当たらない。
 安倍総理の原発再稼働姿勢にも、「核のゴミが出る」と言って批判的であり、 今週の週刊現代などの詳報によれば、最終処分場の問題だけでなく、 中間貯蔵プールの不足にまで言及している様子。
 こういった状況の中で自民党政権が再稼働を進めるのは、 小泉元総理が言うように正に「無責任」であり、現役時代を彷彿とさせる言葉の力に驚かされる。
 とはいえ、原発反対派から見れば、小泉政権は原発推進側だったのも事実で、 政権時代の原発推進の反省と、将来的な脱原発ではなく「即時ゼロ」、 を要求しつつ、今回の発言は評価する、という事で良いと思う。
 小泉元総理の恩師の加藤寛の遺作も「日本再生最終勧告 ‐原発即時ゼロで未来を拓く」だ。
関連記事

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。