前事不忘 後事之師

 アウシュビッツに立ってみたい、という願いは、たぶんランズマン『ショアー』をみてからだ、と思う。ショアーは、「ユダヤ民族大虐殺」を意味する、宗教的な意味合いの強い「ホロコースト」に代わる言葉として使われているようだ。
 「ロマ(ジプシー)」や政治犯や「身体障がい者」や「同性愛者」などのふくめた虐殺だったので、もう少し幅が広い『ショアー』になったのかもしれない。
 
ビルケナウ わたしには、アウシュビッツよりも、そこから3キロほど離れた、ひろびろとした空間に収容者を貨車で輸送してきた引き込み線の残る「ビルケナウ」第2収容所のほうが圧倒的に体に染みわたった。
 白樺や欅の様な大木が鬱蒼と生え、雑草が花をつけ、鳥の声がして蛙が動いている。惨劇から70年がたって、いまは美しい自然が蘇っているのだが、そのころ、貨車から降ろされた不安に戦く人々が、労働力として不向きと判別されるとピクニックの一団のように集められ、裸にされてガス室に送られた。馬小屋のような建物の三段ベットにさえ身を横たえることもなく消滅させられたのだ。
 運搬から殺戮、遺体焼却、廃棄まで、きわめてシステマチックに、ベルトコンベアのように的確に作業がつづけられた。作業者は選ばれたユダヤ人自身だった。
 
 広大な収容所跡を歩き回って、どうして人間にこのような恐ろしいことができるのか、と慄然とさせられたのだが、この冷酷な装置を設計した「知性」と死と向かい合っていた殺される個人の「尊厳」については、フランクフルの『夜と霧』に書かれている。
 大量虐殺は、日本軍の南京虐殺、重慶爆撃、ゲルニカ、ヒロシマ、ナガサキ、東京爆撃、ルワンダ、カンボジアのポルポト軍とつづき、イラク、シリアとつづいている。
 
 ビルケナウの「遺跡」を声もなく歩きまわりながら、わたしは「ハンセン病施設」のことを思い起こし、なお、「花岡事件」などの「強制労働」のことを考えていた。
 全国にあったハンセン病施設は、「療養所」としての医療施設だったはずだが、一生、脱出できない「絶滅収容所」だったことは、数多くの証言者が立証している。
 4万人の中国人が強制連行され、6830人が死亡した、といわれている。秋田県大館市の花岡鉱山にあった鹿島組(鹿島建設)では、過酷な労働で中国人が斃(たお)れつづけ、ついに「決起」となった。憲兵隊や警官隊が鎮圧し、逮捕者は拷問され100人以上が死亡した。
 
花岡事件慰霊碑 この事件は最近になって、中国での生存者と日本人弁護団が損害賠償裁判を起こし、鹿島組(鹿島)から補償金が支払われた。広島県では西松建設も裁判所による和解で支払った。
 それらの事件の裁判官が、大館市の公園墓地にある、大きな自然石に刻まれた「中国殉難烈士慰霊之碑」へ献花のために訪問している。このように、まず個人が謝罪すべきことなのだ。
 「前事不忘、後事之師」
 「改めるに憚(はばか)ること勿(なか)れ」
 である。二度とおなじ過ちは犯さない、という決意が必要だが、日本政府はまだ謝っていない。
『先見経済』2013年10月号(9月30日発売)
スポンサーサイト

橋本勝の風刺漫画 「原発は21条を踏みつぶす」

原発は21条を踏みつぶす

原発は民主主義国家にとっては当然の権利である
表現、集会の自由を定めた憲法21条を否定する
脱原発のデモの出発地にするはずだった
日比谷公園が不許可とされデモが中止になったこともある
国策として進められる原発である権力がこうした手を駆使してくるのは当然かもしれない
また原発は国民の知る権利の妨害もしてくる
今回の原発事故でもあの手、この手で
事故の真実の密閉をはかったのである。

ギリギリ日誌 10月4日(金)くもり

目が覚めたか小泉元首相

 にわかに、小泉純一郎前首相が脚光をあびている。
 イラク出兵、郵政民営化。まるでアメリカの前垂れ番頭になったような、小泉首相(当事)の軽率さが嫌いだった。「曲学阿世」の竹中平蔵センセイとコンビを組んで、ずいぶん日本を住みにくい社会にした。
 労働者の三分の一を派遣労働者にしたのは、04年から派遣法を工場労働にも適用した小泉・竹中路線の罪でもある。かれらが振りまいた「新自由主義」が、どれだけ人材派遣会社を儲けさせ、格差を拡大させたことか。
 
 小泉センセイは政界を引退して、シンクタンク「国際公共政策研究センター」の顧問となり、盟友の竹中センセイは慶大教授と人材派遣業「パソナ」グループの取締会長との二足の草鞋。
 民主党政権崩壊のあと、いまはちゃっかり安倍内閣の「産業競争力会議」のメンバーに収まっている。「竹中が動くときには必ずうしろにカネの話があるんだ」と奥田碩(ひろし、トヨタ会長・日本経団連会長)がいっていた(佐々木実(『市場と権力』講談社)。
 
 と、小泉政権時代を批判するためにこの稿を書いているのではない。小泉氏がにわかにマスコミを騒がせているのは、「小泉氏『脱原発』宿敵からエール」(「朝日新聞」9月3日)「原発ゼロの発言で石破幹事長『小泉氏の意見よく聞く』」(「東京新聞」9月3日)と、小泉氏は河野太郎議員をさしおいて、いまや自民党最強の「さようなら原発派」となったのだ。
 朝日新聞でいう「宿敵」とは、小沢一郎と菅直人氏で、両人ともにいまは脱原発派。その「宿敵」のなかに、前首相の野田さんや現民主党代表の海江田さんの名がないのは、「脱原発」なのかどうか、曖昧模糊としているからだ。それが民主党没落の原因だった。
 小泉氏はいまさかんに講演会などで「脱原発」を唱えているようで、これは恩讐を越えて支持できる。フィンランドの「オンカロ」(使用済み燃料最終処分場としての「洞窟」)まで見学に行ったと言うから、本気のようだ。
 いま彼が政治的に力がないのが残念だが、息子の進次郎氏が、安倍内閣の「復興政務官」に就任しているから、波乱ぶくみだ。
 親父の口止めのために、安倍さんが若輩にポストを与えたのかもしれないが、小泉一家も安倍家のように、夫が原発推進、妻が反対などの両面作戦で世間を欺くような卑怯なマネはできないであろう。
 すくなくとも、進次郎氏は公人であり、影響力がある。それにいまだ親父の見習社員のようなものだから、親父に反旗は翻さない。脱原発運動も、ようやく自民党内にも足場を持てるようになってきた。
 
 これからが、勝負だ。
 10月13日、日比谷公会堂集会、そして、国会へデモを行います。

再稼働に向かう原発を止めろ


原発村の住民が安全審査

 今回の事故ではっきりしているのは、膨大な規模の被害を発生している原発事故の責任を、誰も取っていないということだ。
 原発を推進してきた政治家はもちろん、原発の安全性をチェックするはずだった原子力安全・保安院はなにもしなかった。電力会社は補償金すらまともに払おうとしていない。

 再稼働についても、この図式は変わることはない。
 原発推進の経済産業省内に、原発の安全を司る部署があるのはおかしいということで安全・保安院は解体され、環境省に原子力規制委員会が発足した。省庁の利益からも政治家の圧力からも自由な組織になるとの期待もあったが、すでに再稼働にむけた安全審査が始まる前から、日程の短縮を発表している。
 先月末には、自民党の衆参両院議員でつくる「電力安定供給推進議員連盟」が提言を発表。原子力規制委員会に圧力をかける、国会の監督強化を掲げている。
 原発の推進圧力の激しさは、眼に余る。福島原発の事故以来、原発推進に国民から厳しい目が注がれていながらも野田政権時は、大飯原発の再稼働を認めた。机上の空論であり、ただのシミュレーションでしかないストレステストを実施して、「安全だ」と保安院が太鼓判を押して、強引に再稼働させた。電力会社をはじめとする原発推進陰謀集団の圧力に、野田政権が抗しきれなかったのだ。

田中俊一2 原子力規制委員会のいびつさは、委員の人選にも表れている。5人の委員のうち3人が原子力村の人間である。田中俊一委員長は、福島原発事故直後、記者会見で反省の弁を述べた原子力村の住民の1人ではあった。
 「原子力の平和利用を進めて、まさかこういう事態、これほど国民に迷惑をかけるような事態は予測していなかった。結果的にこういうことになっていることについて、原子力を進めてきた人間として、国民に謝らなくてはならない」(JCASTニュース 2011年4月16日)との心境を語った。
 が、その一方で、「100ミリシーベルト以下なら健康への影響は大きくない」「一番のリスクは被ばくを怖れるストレス」とも発言した無神経人間でもあった。
 つまり原発の危険性を訴える嫌悪する市民感覚の持ち主ではなく、原子力産業の利益の代弁者である。このような人たちが、原発業界からの圧力を受けながら、客観的な安全の審査をできるはずがない。

 また、新しい安全審査基準そのものにも大きな問題がある。それは事故対策が中心だということだ。たしかに「安全神話」に彩られ、事故はまったく起こらないという過去の姿勢よりは少しは進歩したが、事故が起きたら制御しようがない原発に、どんな安全基準があるというのか。
 実際、福島第一原発は事故から2年半近くたっているのに、メルトスルーした核燃料はどこにいったのかわからず、高濃度の汚染水が地下を通って海に垂れ流している状態だ。

 新しい安全基準の1つの目玉である「フィルター付きベント(排気)設備」についても、たしかに緊急時に原子炉内の蒸気に含まれた放射性物質を取り除くフィルターがあれば、放射性物質の飛散は抑えられる。しかし福島原発の事故では、ベントが水素爆発の原因になった可能性も指摘されている。
 フィルターによって排気時の放射性物質を取り除いても、その後に爆発が起こって放射性物質が飛散するようでは安全とはいえない。
 もし、核燃料プールの冷却がうまくいかなければ、東日本一帯が避難地域になる可能性があった。プールの冷却についても偶然の幸運が重なって救われた状況を考えれば、小手先の安全審査基準がどれほど滑稽かがわかる。制御できないほどの危険な技術は廃棄すべきだ。

「月刊記録」2013年7月

市民科学者を志す人たちへ (高木仁三郎さんに寄せて)

-私事で恐縮ですが、私は大学の時に、鎌田さんの「自動車絶望工場」を読んで、非常に感銘を受けたのです。それで今回、鎌田さんのお話を伺うことを、非常に楽しみにしていました。
 この「自動車絶望工場」を改めて読み返したんですが、今、研究者が置かれている状況が、鎌田さんが描かれたコンベア労働者の状況と、よく似ているような気がしたんです。つまり、科学が細分化されて、研究設備や計測機器に縛られ、大学や研究室に縛られ、その中で研究成果を上げることを使命づけられているのではないか、と。

この人に聞く鎌田  生産でも研究でも、効率を上げるには、細分化・高速化・大量化なんですよね。総合化というのは、時間がかかるし、無駄なことも多いので。細分化・高速化・大量化が合理化のエッセンスです。研究機関も細分化して、すごく狭い範囲になって、それを総合する力、批判する力がなくなってきている。
 これに対して、いかに細分化されたものを総合するかを考えると、何のために学問があるのか、という問題に立ち戻る必要があります。やはり人民の生活を豊かにすること。しかも、松下幸之助みたいに、上から下に水か何かを流すように、恩恵に浴すると言うことではなく、地域ごとに、独自のものを作っていこうというのが「市民科学」だと思うんです。


-市民科学においても、地域での自治とか自立と言うことが重要な視点なんですね。
鎌田  例えば、今度の英米軍のイラク侵略でも、単一化つまり、アメリカが全部を支配し、民族を統合すると、彼らは考えているのかもしれないですが、それは民族自決とは違うのです。民族自決、地域民主主義、自己決定とか、自立と言う方向にむかうべきなのです。

これから市民科学をめざす人たちへのアドバイスをお願いしたいのですが。
鎌田  まず、「人々に聞け」 ですね。大学の研究室で、教授から言われてやるのではなく、現場現場でいろいろな人の話を聞いて、それを自分の研究に結びつけていくことが大切ですね。
 それは非常に無駄が多いので、いま少なくなっているわけでしょう。でも、文化系だったらフィールドワークだし、理科系だって、自分のやっているものが実際にどのように社会的に機能するかを考えることが、非常に大切ですね。歴史認識ということでしょうか。


-貴重なお話を聞かせて頂きました。どうもありがとうございました。
聞き手:高木基金事務局 菅波 完

増子義久「宮沢賢治没後80年…イーハトーブの今」続き(寄稿)

10月6日付「宮沢賢治没後80年…イーハトーブの今」の続きになります。

 東北地方は古くから「中央」を支えるための食料基地や金銀の産出地としての位置づけを強いられてきた。水陸万頃(ばんけい)の地ともてはやされ、寒さに強いヒエやアワなどの穀物に代わって、稲作を強制された結果、飢饉の悲劇を生み出した。豊穣の海と言われた三陸の海も結局は中央の欲望を満たすためのものでしかなかった。

 中央に電力を供給し続けてきた原発がなぜ、東北の地に立地されなければならなかったのか。その原発がメルトダウン(炉心溶融)したという事実はまさにこれまでの中央一辺倒の価値観や理念が一瞬のうちに瓦解したということである。

増子義久『賢治の時代』 賢治は2万人以上の死者を出した明治29年の「明治三陸地震津波」の約2ヶ月半後に岩手・花巻の地に生まれた。そして、そのわずか4日後には東北地方最大規模の「陸羽地震」が発生。さらに、37歳の短い人生を閉じたのは昭和8年の「昭和三陸地震津波」の約半年後のことだった。また、25歳の時には関東大震災の報に接している。
 花巻市内の中心街に浄土宗の寺があり、その山門前に10数基の飢餓供養碑と念仏碑がひっそりと立ち並んでいる。東北北部を襲った宝暦と天明の大飢饉で餓死したり、病死した人は16万人を下らないと言われる。石碑の由来を説明する板書にはこう書かれている。

 「境内には看護をする『救(たす)け小屋』が設けられていた。人々は野山にある草花ことごとく食べ尽くし、犬、猫、鼠にさえ値が付けられ食した」。また、『東北地方古今凶饉誌』(昭和11年刊)という本には「老婆の屍体が600文で売買され、鮎梁(あゆやな)には2歳、3歳の幼児の死体が1日に20人も流れ落ちた」と記述されている。

 このように賢治の一生は地震や津波などの自然災害、さらには冷害や凶作などの飢餓地獄に翻弄された人生だった。賢治の理想郷「イ-ハト-ブ」は実はこうした過酷な風土が産み落とした<ドリームランド>だったのである。
 賢治はきっと4次元宇宙の遠い彼方から、「イ-ハト-ブ」のその後の変わり果てた姿にこころを痛めていたに違いない。そのことを知らせるためにわざわざ、わたしの夢枕に立ったのではなかったのか―。

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラツテイル
一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ小サナ萱ブキノ小屋ニイテ
東ニ病気ノコドモアレバ行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニワタシハナリタイ


増子義久=元朝日新聞記者で、現在は岩手県花巻市議会議員。おもな著書に『賢治の時代』(岩波書店、同時代ライブラリー)、『東京湾の死んだ日』(水曜社)などがある。

「1013原発ゼロ☆統一行動」の合同記者会見

 10月7日、衆議院第一議員会館において、さようなら原発1000万人アクション、首都圏反原発連合(反原連)、原発をなくす全国連絡会の三者が共同で取り組む「10.13原発ゼロ☆統一行動」の共同記者会見が開催されました。

 今年6月2日の同時アクション「6.2NO NUKES DAY」に続いて2回目となるものです。
 記者会見で、反原連のミサオ・レッドウルフさんは「現在の政権の原発推進姿勢に対して、反原発の声を可視化していく、反原発の声は続いていることを、広く国民に知らせていきたい」と今回の共同行動の意義が述べました。
 さようなら原発1000万人アクションの藤本泰成さんは、「福島原発は収束していないし、原子炉にも近づけない、汚染水も管理できない、この状況を国民はみんな見ている。多数の人の思いは脱原発で、この方向は変わらない」と述べたうえで、「それぞれの団体が、それぞれの場で、運動をしながら、時として一緒に行動することは大切なこと」と声を上げ続ける重要性を訴えました。
 また、原発をなくす全国連絡会の長瀬文雄さんは、全国で様々な集会や行動が取り組まれていることを紹介し「3・11以降、反原発は人間の命の問題。命を守るという一致点で共闘できる」と、さらに全国に運動が広げていくことを呼びかけました。


1013原発ゼロ統一行動


10.13 No Nukes Day 原発ゼロ☆統一行動
  -福島を忘れるな・再稼働を許すな-

日時:10月13日(日) 開場12:00 開会13:00
場所:日比谷公会堂(地下鉄「霞ヶ関駅」「日比谷駅」3分)※定員2000人・先着順
会場代:500円
内容:13:00~14:00集会
12:00 開場
13:00 開会 
      司会 中尾こずえさん(さようなら原発1000万人アクション)
      主催者から 首都圏反原発連合から
        篠原義仁さん(原発をなくす全国連絡会から/自由法曹団団長)
      報告① 和田央子さん(福島から/鮫川村焼却炉問題連絡会)
      報告② 肥田舜太郎さん(医師)
      報告③ 大江健三郎さん(作家)
      閉会あいさつ 鎌田慧さん(ルポライター)
14:20~デモ

共催:さようなら原発1000万人アクション/首都圏反原発連合/原発をなくす全国連絡会
協力:脱原発世界会議/経産省前テントひろば/再稼働阻止全国ネットワーク


    17:00~19:00 国会前大集会(主催:首都圏反原発連合)

オウム事件と原発事故がしめす教養の必要性③

10月6日付「オウム事件と原発事故がしめす教養の必要性②」の続きになります。

経済的な視点からの脱原発

 政府が公表した「エネルギー・環境会議」のコスト等検証委員会の公開データを使い、朝日新聞社が原発コストを試算している。
 発電量1キロワットあたり約7.7 円となり、経済産業省資源エネルギー庁が2004 年に発表した金額の4割高となった。2004 年に経産省が発表した価格は、火力発電の石炭火力が5.7 円、液化天然ガス火力が6.2 円、石油火力が10.7 円だ。つまり石炭火力よりは、原発が安いとされていた。
 
 しかも朝日新聞社が試算で加えた「発電リスクコスト」は、福島の事故後に内閣府の原子力委員会が発表したものを使っているが、除染費用などを考えると安すぎるという異論が委員会内からもでている。
 そのうえ、このような試算には自治体への交付金や建設のメドすら立っていない最終処分場の費用などが含まれていない。結局、最終的な金額は、どこまで高くなるかわからないのが実情だ。
 
 また(2011年)10 月末に開かれた内閣原子力委員会の小委員会では、使用済み核燃料を再処理して使う核燃料サイクルの費用が、再処理せずに地中に埋める直接投棄の2倍になると発表した。
 そのうえ日本原燃の発表によれば、再処理工場の試運転は止まったままだが、1年延期すれば維持管理などの費用が1000 億円かかるという。すでに直接投棄の方が再処理より経済性が高いことが明らかとなっているのに、維持費に年間1000 億円をかけているのは正気の沙汰ではない。
 
もんじゅ2GNU Free Documentation License 
写真=高速増殖炉「もんじゅ」(GNU Free Documentation Licenseによる) 

 核燃料サイクルの一環であり、消費した量以上の燃料を生み出すことのできるとされる高速増殖炉「もんじゅ」についても、計画存続の是非が問われている。
 現在、もんじゅは95 年のナトリウム漏れ事故や10 年の装置落下事故により、ほとんど稼働できない状況となっている。どちらの事故もかなり深刻で、ギリギリで放射性物質の飛散を防いだにすぎない。それなのに維持費だけで年200 億円も要している。 
 11 月20 日にはじまった政府の事業仕分けでも、「1兆円以上の予算をつぎ込んだが、何の成果もない」(『読売新聞』2011 年11 月22 日)と酷評された。
 「これまで1兆円をつぎ込んで、あと40 年完成しないのに金をつぎ込む。続けていいのか」(『朝日新聞』2011 年11 月21 日)と仕分け人の玉木雄一郎・民主党衆院議員が疑問を呈したのも当然のことだ。
 
 にもかかわらず読売新聞の11 月22 日の社説では、「日本が高速増殖炉を推進してきたのは、ウラン資源の有効活用を目指しているからだ。今の原子炉では燃やせないウランを燃料に変えられる。資源に乏しい日本の将来を見据えている」などと論じている。
 福島でこれだけで大規模な原発事故があったにもかかわらず、危険を冒しても原発で乏しい資源を補おうという主張しているのは信じがたい。  

 福島を中心として広範囲の土地が放射能で汚染された。子どもへの健康被害を心配して9万人を超える福島県民が避難している。
 子どもの内部被曝は深刻だ。こうした現状を前にしても、経済界の要望に応え、既得権益を守るための動きが止まらないのが、日本政府の愚かさである。
「月刊 記録」2011年12月号
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。