『橋の上の「殺意」』 畠山鈴香との手紙(1)

 「畠山鈴香はわたしである」と思うひとたちも多い。そのひとたちと畠山鈴香との岐れ路はどこなのか。彼女との交信をわたしはつづけている。 

畠山鈴香様 

 拝啓 

 お変わりありませんか。 
 四年前、この文庫本の元本が発刊された二〇〇九年六月、ちょうどあなたの刑が確定して、秋田拘置所からいまの刑務所へ移監されたのでした。あなたはそのあと手紙に、
 「気候も本当に東北なのかと思う位暑くて、今から夏バテが心配なくらいです」
 と書かれていましたね。ことしもまた、ようやく長い梅雨が明けたと思ったら、急に猛暑がはじまってしまいましたが、お体弱っていませんか。 
 冬は冬で寒さは厳しく、指先がしもやけになって、裁縫作業の針が持ちづらく、ポロリと落としたり、と書いていましたが、仕事はだいぶ上達したようですね。 

 こんどまた、あなたについて書いた本が文庫になるのですが、タイトルの『橋の上の「殺意」』は変えませんでした。あなたは、「題名だけ見ると『殺意』があったという風に読みとれるのですが、どうでしょう」とやや心配そうに書いてきました。 

 わたしは、それにたいして、「ひとは殺意があった、と思っているようですが、実はそうではない、というのが、カッコつきでの強調です」というような返事を書いた記憶があります。 
 それは本当の気持で、それを証明するのが、この本のテーマなのです。 
 また、あなたのお名前は、事件がおわったので、匿名にしようかとずいぶん悩みましたが、結局、実名にしました。すべてを匿名にすると、ルポルタージュの事実性が薄くなるように思えるからです。 

 わたしは、弟さんや近くにいたひとにお会いして、あなたが彩香ちゃんをとても可愛がっていた、というのを証言で確認していました。ですから、裁判中に検事が、彩香ちゃんに殺意をもっていた、と追及するのを、同時進行形で批判してきました。
 それでも、あなたが彩香ちゃんの死に至る状況をつくった責任は、きわめて重いと考えています。

藤里町(秋田) まして、二軒隣の豪憲くんを手にかけたのは、ほかならぬあなたの行為にまちがいなく、無辜(むこ)の少年を殺めてしまった罪は大きい。しかし、だからといって、「死刑にしろ」と、あたかも「世間の声」を代弁するポーズの検事論告を批判していました。 
 たしかに、豪憲くんの両親の立場になってみれば、憎んで余りあるものでしょう。わたしも自分の子どもや孫が殺されたことを想像すれば、憎しみは深いと思います。
 それでも死刑にしたとて、息子や孫が帰ってくるわけではなく、死刑の執行はもう一人の殺人を犯すことにすぎない、と時間をかけて自分をなだめるしかないと思っています。 
 裁判を傍聴しているあいだ、錯乱の末に、ひとり娘を喪(な)くした哀れな女を、縛り首にしてすべてが解決するというものではない、と思えてしかたなかったのです。 

 わたしは、死刑求刑の論告には反対でした。 
 そして、これまで、あなたとこの数年間になん回か文通してきて、死刑にされずにほんとうに良かった、と思っています。一人の人間が生きていることの素晴らしさを、ひしひしと感じさせられるのです。

 ポロリと針を落とす寒さについて書いたあと、あなたは「でも寒さを感じることも、暑さを感じることも、色々なことが生きているからこそ感じられるのだと私は今実感していて、生きているということは感謝のつみかさねなのかなと思っています。残念なことに受刑者は骨ずいバンクのドナー登録はできないと知って何を目標にしてこれからここで生きていこうかと考えています」(2012年1月) 

 事件から6年がたった新年のお手紙でした。 
 ささやかな生きる歓びを書いていましたね。それは二人の生きる歓びを奪ったこととの引き換えとしてあるのですが、わたしなどがなにかを付与していうべきことでもないと思います。〈つづく〉
『橋の上の「殺意」』講談社文庫、2013年8月

写真=秋田県藤里町大良鉱山跡、撮影らんで、クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンス
スポンサーサイト

お知らせ シンポジウム「三池、水俣…そして福島」

シンポジウム
「原田正純追悼
三池、水俣…そして福島 ~ 専門家の責任とは何か」

今年は三池炭じん爆発から50年の節目の年に当たります。この節目の年にあたってシンポジウム「原田正純追悼 三池、水俣…そして福島 ~ 専門家の責任とは何か」を福岡市内で開催いたします。
主催の三池CO研究会は設立当時から故・原田正純も一員として資料収集などに当たってきました。 最後は副会長として史料集刊行の任に当たりました。水俣とともに「車の両輪」(本人談)だった三池での原田の業績をたたえ、その死を悼むため、ご遺族の了解を受けた上で、本シンポでは原田の追悼を掲げることに致しました。

●企画趣旨
三池の炭じん爆発は死者458人のほか、労災認定されただけで一酸化炭素(CO)中毒患者839人を出す戦後最悪の炭鉱事故となりました。
この事故で問われた最も重要な論点が「専門家の責任」でした。

「風化砂岩説」を持ち出して会社側の過失を放免しようとしたのは九州鉱山学の権威とそれに付き従う工学の専門家でした。
また「組合原性疾患」という非科学的な見方を医学の診断に持ち込み、患者の切り捨てに手を貸したのは九州大学医学部を中心とする医学者たちでした。
行政は「専門家の意見に従った」と言い、専門家は「決めたのは行政だ」と言いました。
当事者たちはこうした専門家の「お墨付き」をひっくり返すのに膨大な時間と費用を強いられました。
こうした専門家が当事者と対立する構図は時期を重ねるように水俣でも起こりました。
三池や水俣で起こったいびつな専門家の立ち位置はただされたのでしょうか。

主催者の三池CO研究会で副会長を務めていた原田正純は三池や水俣での体験に根ざして、亡くなる直前まで福島原発事故を招いた「専門家の責任」を問うてきました。
事故から2年半が経ちましたが、いっこうに収束の道筋さえも見えず、いまも15万人以上もの人たちが避難生活を強いられています。
「安全神話」を振りまいていた専門家は沈黙を守るばかりです。

また、福島県は県民健康調査を実施して県民の「被曝と健康」の関連を探っています。
多くの子どもたちに小児性甲状腺ガンの疑いが指摘されていますが、「被曝との関係はない」と片付けていいものでしょうか。
三池や水俣にかかわり、いま福島でも発信を続ける講師の方々をお招きして、三池や水俣を通じて光を当てられた「専門家の責任」を明確にしながら、その教訓はどのように福島などで生かされるべきか当事者と専門家はどのような関係にあるべきか、それらを考えていきたいと思います。


●問い合わせ
福岡城南法律事務所(美奈川弁護士):092・771・3228

●主な式次第
■演題
原田正純追悼 炭じん爆発50年
三池、水俣…そして福島 ~ 専門家の責任とは何か
■主催
三池CO研究会(会長・美奈川成章、副会長・大原俊秀)
■日時
2013年11月9日12時~(終了予定:16時30分)
■場所
九州大学医学部百年講堂会議室(福岡市東区馬出3−1−1、電話:092-643-8867)
■入場料
700円(資料代として)

主な内容
《基調報告》
    美奈川成章(三池CO研究会会長)「炭じん爆発50年 ~ その教訓と課題を探る」(仮題)
《報告》
    鎌田慧氏(ルポライター)「三池と福島」(仮題)
    津田敏秀氏(岡山大学教授)「水俣と福島」(仮題)
     三池の 著作もある鎌田氏、水俣にかかわる津田氏、そのふたりは今、ルポライター、疫学者のそれぞれの立場    から、原発事故後の<福島>の発信を続ける。三池、水俣教訓は何であったのか。福島を考えるヒントを三池と    水俣に探る。  
《現地からのメッセージ(ビデオ)》
    松尾蕙虹(三池CO研究会、元三池CO家族訴訟原告)
《パネルディスカッション》
    テーマ「専門家の責任とは何か」
    司会 木村英昭(三池CO研究会、朝日新聞記者)
    パネラー 鎌田慧氏、津田敏秀氏、美奈川成章
《総括報告》
    黒田光太郎氏(名城大学教授)

【「三池CO研究会」とは】
 1971年、三井鉱山を相手取った裁判の可能性を検討する会として発足した(1次)。
その後、提訴に向けた原告支援の活動を本格化させるため、1972年12月1日に再発足した(2次)。
 美奈川成章、増子義久、原田正純(故人)ら、法律家や医師、ジャーナリストらが参加した。
1993年3月にあった福岡地裁判決後に自然解散したが、史料集を刊行する目的で、1999年10月25日、新たに立ち上げ、現在に至る(3次)。史料集は2期にわたって 『三井三池炭じん爆発事件史料集成』として柏書房から刊行された。
1次から3次まで、会長は技術論が専門の星野芳郎(故人)が務めた。

「町会加入促進条例」の撤回を!! (木下泰之世田谷区議からのメール)

「「町会加入促進条例」をめぐって」に対する木下泰之世田谷区議会議員からのメールを掲載します。

木下泰之 世田谷区議会議員の木下泰之です。世田谷区の事例を取り上げていただきありがとうございます。この問題につき、保坂世田谷区長へのパブリックコメントを書いていますのでご参照ください。

行政主権追随・同調主義助長の町会加入促進条例は撤回を!(2013年11月14日)
http://mutouha.exblog.jp/21322420/

 また11月議会での一般質問で取り上げていますので、ご参照ください。
特定秘密保護法と町会加入促進条例、原発即ゼロと川場村移動教室、都市計画見直しを問う(2013年11月29日)
http://mutouha.exblog.jp/21391755/

 なお、当初2014年2月の定例議会に提出予定とされていましたが、2013年12月18日開催の区民生活常任委員会への区側の報告では、寄せられた区民からのパブコメや議会での反対論に考慮して、2月議会への提出は見送り、再検討をするとの報告がありました。

 事実上の撤回をさせたわけですが、町会と世田谷区政との癒着や関連する利権には深いものがあります。

 世田谷区に限らず、地域コミュニティの抱える戦前の継承を切開し、ここに横たわる行政へのまた住民相互の同調主義を切開、解体し、市民の自立に根差した新しい連帯関係とその装置・枠組みを構築していかなければ、「隣組」の復活はいともたやすいと思うところです。

 2月議会では、「町会加入促進条例」の問題点をさらに適示し、同条例の正式な撤回を求めていく決意です。

 いずれにせよ、阪神大震災、東日本大震災を契機として「防災」を主軸に、「隣組」や「自警団」の復活が頭をもたげてきているように思います。総務省の動きに注意を払いつつ、特定秘密保護法体制下でのファシズム誘導に注意を払っていきましょう。


戦前の日本型ファシズムを推進した中心官庁は、現在の総務省と文科省、警察等が一つになっていた内務省でした。
かつての内務省の末裔ともいうべき官庁が一部の政治家と組んで、日の丸・君が代問題もそうですが、あやしい動きを見せています。これらの戦前のファシズム権力の復活を思わせる危険な動きに対し、各自治体、市民レヴェルでの反攻が、逆に民主主義をたしかなものにするようにも思われます。(編集部)
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。